みずがき(瑞牆)山南壁

2014年7月26日堤さんと瀧本さんに誘われて、瑞牆山南壁に行ってきました。
ならしのよりは、蛭田と永田篤志の2名が参加しました。
DSC00181

ここからスタートです。
取り付きまで、2時間と聞き、
え、と思いましたが登攀終了点が
山頂なので、
そのくらいはかかるよねと納得

 

DSC00199

取り付きです。

背後は、大やすり岩です。

 

 

 

 
2.1ピッチ目

1ピッチ目です。3人,2人,3人の
パーティーに分かれてならしのは
2人で間に入れてもらい登りました。
花崗岩のスラブで、ランニングビレーも
ほとんどありません。フリクションが効きます。

3.2ピッチ

2ピッチ目です。

篤志がトップで蛭田がセカンドです。

本当にランナーはありません。

 

 

 

DSC00201

3ピッチ目くらいです。

 

 

 

4.確信

 

核心部、レイバック気味にいきます。

 

 

 

 

DSC00205

 

登攀終了点(みずがき山頂です)

 

 

 

 

9.山頂

 

全員、無事、登りました。

 

帰りにいわたけを取り、堤さんに洗い方を教わり

キャンプ場で、おいしくいただきました。

お世話になりました。

 

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

  • 2017.12.1

    西湖クライミング練習

    晩秋。冠雪した富士がとびきり大きく見える。 西湖を見晴るかす、十二ヶ岳の岩…

  • 2017.11.26

    草戸山 ハイキング

    白く煙る雨。多くの登山者、ハイカーが高尾山へと向かう中、にぎわうコースに背を向け…

  • 2017.4.30

    高尾山 春合宿直前に

    合宿前の足ならし。吹く風爽やか、すっきりと晴れ渡っています。こんなに気持ちの良い…

ページ上部へ戻る