2014年12月20,21日アイスクライミング(広河原沢)

2014年12月20,21日に八ヶ岳広河原沢へアイスクライミングの練習に行ってきました。
アイスは久々で、最近購入した、アイスバイルとアイススクリューの性能を確認しました。
DSC00875

12月20日 7:30頃に、舟山十字路の駐車場に着き、

準備をして、出発です。

車は、8台くらいありました。

8:15分出発

今回は、私を入れて、3人です。

 

DSC00879

  林道を1時間くらい歩くと、正面に阿弥陀岳が見えました。

左に御小屋尾根、すぐ右に、広河原沢左俣が見えます。

今日の予定は、左俣を登って、御小屋尾根を降りる

予定なので、舟山十字路まで戻り、テントを張ります。

 

 

DSC00887

左俣のF1手前で、登攀の準備をします。

ほとんど初心者で準備にも手間取ります。

先行が、1パーティーいます。

F1の手前の開口部が凍っていないため、

右から巻き、懸垂下降で降ります。

その先も、いくつかの滝を越えますが、凍っていない
ところが多く、これでは、アイスの練習にならないのと

DSC00906

稜線まで、抜けると遅くなると見て、途中より

引き返しました。

翌日、右俣のクリスマスルンゼに、向かいます。

舟山十字路から通いは、ちょっと時間がかかります。

約3時間かかりようやく、右俣F1に到着しました。

先行に1パーティー、話を聞くと、通常はF1の上から谷が凍って美しいスラブが続いているそうですが、
本日は、DSC00907氷はほんの少しで、雪で覆われています。

それでも、クリスマスルンゼまで行くと、下部の滝と

上部の滝が、左の写真程度に発達していて、下部の

滝で、ダブルアックスの基本と、アイススクリューの

練習をしました。

次回は、もっと美しい谷を見れることを期待して下山しました。

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る