• 2016.2.14
  • 春は名のみの 裏高尾 はコメントを受け付けていません。

春は名のみの 裏高尾

立春を過ぎたとはいえ、まだ春には早いか?
低山ハイク500~800メートル、思った以上に雪がついていました1斜面芽吹きの時を待つ木々は、「もう少しだっ!」と

秘めたるパワーをかもし出しています木の枝ちょっとさびしそうな猫に遭遇、きょうは売店も閉まっているのに
キミはどこから来たのかな?山頂猫やわらかな風ながら日向ぼっこには、ちょっと寒そう
贅沢な、静寂の時の流れに歩みを進める雪道
が、しかーし、木道の下り斜面でスリップ
数メートルのスライディング、ズボンが見事に泥まみれ
良識ある社会人としてこのまま公共交通機関に乗るのはいかがなものかとしばし逡巡
日帰りハイキングゆえスペアのズボンなどあるわけが無い、、、
あッ雨具がある!こんな場合でも頼りになります
外見上はとてもキレイ雨具人間
安心してください はいていますよ

とにかく明るく帰宅です おしまい

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る