乾徳山

12月18日乾徳山に登ってきました。

計画を立てたのが50周年パーティ終了後の打ち上げでの場、酔った勢いそのまま決めたにもかかわらず、Y成リーダーきちんと計画を実行しました。期待の大型新人S女史、最近中山だけでなくにわかにフツーの山に復活したダ~本さん、I川さん、そしてOT朕の5人。

夜が明けるとともに、富士山がくっきりと雄姿を現す。塩山付近では富士山他美しい山並みが眼前に広がる。今日のリーダーはY成さん、読み方を少し変えればワイナリー。もう山の景色も眺められたので勝沼ワイナリーへと計画変更!でも良かったのだが新人さんのピュアに「山に登りたい!」という純真な熱意が当然それよりも勝る。

8時50分徳和の駐車場出発。ゆっくり休憩も入れて往復ざっと7時間かなと軽~くコースを思い描く。きりりとした冬の冷え込みを覚悟してきたが、今日は出発した未明より冬とは思えないぽかぽか陽気。空気も澄み渡り2ピッチ目あたりより樹々の間よりさらに堂々とした富士山が見られるようになる。

展望を満喫しつつ、それぞれ思い思いにの~んびりと休憩。微妙な距離感が大人だなぁ。img_1279

乾徳山名物、最後の岩場。慎重に、そして難なく登り終える。01

展望の良い山で知られる乾徳山、今日も360度の視界が惜しみなく広がっている。紺碧の空をバックに記念写真。03

気温が高いにも関わらず富士山は一日中まったく霞むことなくその美しさを披露。太陽の動きに呼応して山肌の陰影も微妙に変化していく。

そして下山。気がつけば早々と傾いた日差しが柔らかく長い影を描き出す。04予定通り約7時間で乾徳山登山終了。塩山温泉宏池荘400円也の温泉でお肌すべすべ。贅沢な大満足の一日でした。

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

  • 2017.11.26

    草戸山 ハイキング

    白く煙る雨。多くの登山者、ハイカーが高尾山へと向かう中、にぎわうコースに背を向け…

  • 2014.8.6

    みずがき(瑞牆)山南壁

    2014年7月26日堤さんと瀧本さんに誘われて、瑞牆山南壁に行ってきました。 …

  • 2016.3.12

    なごり雪

    暖かな日と、寒い日が交互にやってくる いつもの駅、だ~れもいません山麓では…

ページ上部へ戻る