南八ヶ岳縦走

 

梅雨入り前最後の週末、個人山行で南八ヶ岳を縦走してきました。

開山祭当日・快晴とあって、駐車場は6時でほぼ満車。

 

 

まずは南沢をゆっくりと、花を楽しみながら歩き出します。

タチツボスミレ、コキンバイ、ツマトリソウ。

お目当てのホテイランも満開です。

保護中の絶滅危惧種が、こんな間近に!

 

激混みの文三郎尾根を避け、中岳道へ。

残雪が多く、ルーファイ、トラバース、雪壁と続きます。

楽しみつつ進めるのが嬉しい。先月の雪訓のおかげです。

 

中岳のコルに出てまず目に飛び込んできたのは、富士山。

足元には、ヒメイチゲ、コメバツガザクラ、ミヤマキンバイが。

 

開山祭会場の赤岳山頂は、文字通り足の踏み場も無く…(>_<)

皆さん笑顔で一足ずつ道を開けて下さって、可愛い巫女さんを一目見てきましたよ。

今年1年の安全を祈願し、記念バッヂをいただいて、北峰肩の天望荘へ。

 

早着だったので、一番風呂を独り占め。

そして今年の山行を相談しながらのお茶タイム。至福のひとときです。

 

翌朝の最低気温は-4℃。快晴、360℃の大展望。

足元にはオヤマノエンドウ、コケモモ、ミネズオウが。

そして今回一番のお楽しみ、ツクモグサ!

八ヶ岳では横岳にのみ分布する絶滅危惧種です。

長い冠毛に覆われた、小さな花。

今年は雪が多く花季も遅れ気味とのことで、まだ蕾の状態でした。

 

カニの横ばいを抜け、硫黄岳へ上がり、昨日からのルートを一望。

3ヶ月ぶりの景色。すっかり初夏ですね。

 

赤岳鉱泉から先は新緑と沢音に癒されながらの道。

林道にはサラサドウダンツツジが咲き残っていました。

 

午後は八ヶ岳リゾートアウトレット(の山ショップ)と都内(…の山ショップ)に寄り道して、楽しみ満載の週末でした♪

 

A

 

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る