草戸山 ハイキング

白く煙る雨。多くの登山者、ハイカーが高尾山へと向かう中、にぎわうコースに背を向けて草戸山へと出発しました。

高尾山の南に位置する草戸山は、標高365M。365?1年山とも呼ばれているそうですが訪れる人も少なく静かな山歩きが楽しめます。落葉の絨毯の穏やかな山道を進むと、時折色付いた葉が目を楽しませてくれます。草戸峠に到着。高尾山方面の雲が動き始めました。瞬間醸し出す幽玄な景色は、スっ~と心に沁みてきます。

樹々の間から城山湖が見えてきました。草戸山の頂上まではあとわずか。今の季節、ゆっくりと味わうランチタイムは鍋が良いですね。天気もすっきりと回復。歩きやすい道はトレランの練習コースにも最適なよう。時折通り行くハイカーに交じって、トレランの集団が走り抜けていきました。

 

 

 

 

 

苔蒸した標識、三沢峠へと進みます。低山でも「峠」の文字には夢が膨らみます。三沢峠から小仏城山、大垂水峠などのルートを組み合わせるのも楽しそうです。

鮮やかな紅葉、渓谷美、少し西に傾いた日差しに映える高尾山稲荷山コースが輝いて見えました。

 

 

 

 

ルートの最後は、鮮やかな色彩、、、納得です。

少しお腹がすいてきました。寄り道しましょう。

 

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る