コロナ渦山行第2弾 荒海山

第2弾として、今回は、北の福島県南会津の荒海山に27(土)行ってきました。
梅雨前線の影響で、27か28のどっちが良いか、「山くら」のレギュラー会員(110円)
になり、前日の金曜日に、27日に決定しました。
今回も2名です。3時に習志野を出発し、6:30八総鉱山跡登山口出発
近くには、工事中の工場のような大きな建物があります。
すぐ先の駐車場に車を置き出発します。

5分ぐらい先に、なぜか立派な登山届ポストがありました。
道は、大水があったのか、谷は荒れていましたが、道標が沢山あり、また、
急な斜面には最近張ったロープが整備されていました。
ありがとうございます。

沢すじのコースより尾根コースに代わりますが急です。稜線まで200mぐらいです。

稜線までの道は、新しく、草刈りもしてありますがふみ跡がまだ、薄いですが
迷うことはありません。もうじき稜線です。稜線につくとよく踏まれた道になりました。

ここから、結構なアップダウンを繰り返し、最後の旧坂を上り、約3時間で山頂です。

山頂からは、雲が多いですが、7つのポコポコがはっきりわかる七が岳、田代山、
日光連山など結構見えます。山座同定をして、10時に下山。
途中、2人パーティーが2組すれ違いましたが別のコースより登ったようです。
2時間20分ぐらいで下山して、途中、温泉に入り、渋滞もなく帰葉しました。

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る