• 2019.10.12
  • 20191006 荒島岳ハイキング はコメントを受け付けていません。

20191006 荒島岳ハイキング

ハイ。久しぶりに山の会の山行に行ってきました。
関西に引っ越してしまったもっちです。

琵琶湖のほとりに越してきて、山に行くメンバーもいず寂しく過ごしていましたが、
今回はAちゃんが来てくれて、日帰り山行へと行ってきました。

今回は荒島岳。
百名山という事で、人が多いのではと覚悟していましたが、
夜中出発の道中、ずっと雨、、、
着いても曇り空でなんかはっきりとしない天気です。
今回は勝原コースからのピストン。
久しぶり過ぎて、リーダーにはコースタイムにかなり余裕をもって計画立ててとお願いしていましたが、
スタートからスキー場跡地の鬼の舗装路急登。
しかも直登。
久しぶりにはかなりかなり堪えますが、はっきりとしない天気は暑くなく意外とそよ風が気持ちよく
それなりのペースでは歩くことが出来ました。

でも、終始こんな感じで霧を幻想的と受け取るか、眺望ないなぁと落ち込むかは自分次第。
途中もちがかべという急登の名所?がありましたが、
そんなことよりもずっと曇りかぁとか、偽ピークっぽいのが沢山あってまだかよ!とか思いながら登っていたので、
あっという間に通り過ぎる。

それでも、コースタイムよりやや早くらいでは山頂について、
体力の衰えは感じながらもちょっとホッとしました。

山頂で休憩をとるも、意外と風が冷たい。
という事で、早々に下山するも結構雲は晴れない。
本当は白山とか周囲の山々とか見たかったのでちょっと残念でした。

で、下山は霧雨で足元も悪くあまりスピードも上げられないながらも
転ぶことなく、ずっとおしゃべりしながら無事に車まで帰ってきました。
下山したらなんか青空が…

なんか悔しい・・・
でも、久しぶりにAちゃんとも山に行けて本当に楽しかった!

そして、今回の山行でひそかに私の登山靴の終了が来ました。。。
ならしの山の会に入ったころ、ヨシキで右も左もわからない頃に買った登山靴。
途中、山スキーだとか沢ばかり行って履かない時期もあったけど、
なんだかんだと一緒に山に行ってくれたお気に入りの登山靴。
数年前から底に隙間が出てて、危ないかなぁと思いつつ、
今回も予備のアプローチシューズをザックに忍ばせていきました。
登り口で、下山と共にパカパカになったら本望だよね~とか話しながら登り始めたら、
それが現実に!
登山道が終わり、舗装路になった時に足元を見るとパカパカし始めてる。。。
何とか車までは持ちましたが、本当にありがとう。

次の相棒を探さなくては・・・

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る