明星ヶ岳 明神ヶ岳 金時山ハイキング

新しい年、新春ににふさわしく富士山が見えるところ、登山道に雪の無いところがいいな、といろいろなコースを考えました。最終的にお正月の箱根駅伝の中継でも良く取り上げられている箱根外輪山に決めました。すべてのピークから富士山を見るぞっ~と、小田急線新松田よりバスを乗り継いで、最乗寺の登山口より出発です。参道脇の登山道、市街地からわずかな距離にもかかわらず、深山の趣たっぷり。どんどん標高を稼いでいくと、眩い相模湾の景色が小田原の街並みとともに姿を現しました。1110Ⅿ地点に到着。進路を左へ、明星ヶ岳への往復となります。頂上手前より、本日最初の富士山、目的のひとつを達成です。明星ヶ岳を登り、明神ヶ岳へと引き返します。登山道はよく整備されお散歩気分。抜けるような紺碧の空、南の島のサトウキビ畑を歩いているような錯覚にとらわれます。背丈以上の笹薮のトンネルはちょっとした異次元の世界に飛び込んだようです。眼下に噴煙とともに箱根の街並みが望めます。ブラタモリ風に表現すれば、「箱根の山が外輪山であること、良~くわかりますネッ!」お次の山は明神ヶ岳です。ここからも見事な富士山が目指す金時山の背後に姿を見せています。暖かな日差しを浴び、多くの方々が絶好のランチタイムを楽しんでいます。静けさを求め、金時山へと向かいます。コントラストの強い午後の日差し、この時間になるとアップダウンがだんだんきつく感じるようになりました。今回の最高地点、1212M金時山に着きました。さすが箱根に近い人気の山、海外から訪れた方々も多いようです。箱根の街並みの上方に芦ノ湖が望めます。そしてここからの富士山、裾野までのきれいな形を見ることができました。三つの山からの富士山ご対面達成です。小屋でひと休み。こちらのきのこ汁は多くのブログで取り上げられている逸品です。「写真撮ってもいいですか?」小屋のご主人に許可を得る居合わせた登山客、大事なことですね。「構いませんよ。いろんな人に紹介してもらってますので、どうぞどうぞ!」お言葉に甘え便乗させていただきました。ボリュームたっぷり、「おいしい!」遠望する相模湾の輝きは、早くも夕暮れ色へのきざしを見せはじめました。ここから仙石原まではもうひと息です。

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

  • 2016.6.5

    山に行かない日

    千葉の有名な山のひとつ中山。今日はここからスタート!スタートといっても「各馬一斉…

  • 2017.2.7

    2017/1/28 硫黄岳(赤岳アイスフェス)

    今年は、何とかアイスの練習の場を求めて人口壁へ。 その一環で赤岳鉱泉のアイ…

  • 2016.4.12

    3月19-20日天狗岳

    天狗岳に行ってきました。新人のK君とともに 雪は、あるかな、どうかな、登れまし…

ページ上部へ戻る