• 2021.1.31
  • 花見川を歩いて はコメントを受け付けていません

花見川を歩いて

数十分歩いて花島公園、住宅地よりわずかな距離で、静寂に包まれた別世界になりました。

この花見川沿いを歩きます。しばらくはうっそうと茂った木々の道ですが、その後は田畑と見え隠れする家々が続く景色です。

1時間半ほど歩くと、幕張新都心へと連なるビル群や高層マンションが見えてきました。ゆっくりと散歩する方やランナーの姿も多いですね。検見川浜に着きました。左に進むと稲毛ヨットハーバーや千葉ポートタワー方面、今日は右に折れカモメのモニュメントのある美浜大橋を渡って幕張海浜公園へと歩きます。目を転じると東京湾の先に、遠くうっすらと富士山が望めます。強い寒風に青空が広がっています。

マリンスタジアムです。ロッテマリンズの試合よりも、毎年夏の高校野球大会に訪れていましたが、残念ながら昨年は中止、今年は開催されると良いですね。

日向ぼっこの猫や、マウンテンバイクのコース脇をすり抜けて海岸沿いを歩きます。潮の流れの影響でしょうか、この辺り漂着したごみの山が続きます。皮肉な取り合わせですね、すぐ近くに処理場の施設が、現代アートのように建っていました。何が釣れるのでしょう、釣り人の姿もちらほらと。

習志野市営ガスのタンク、白い雲をバックに、ちょっとユーモラス。調べたところ、市営ガスは全国的にもそれほど多くはないようです。千葉県では大網白里市、東金市に市営ガスがありました。隣のタンクには「ラムサール条約登録地 谷津干潟」の文字が書かれていました。そこから10数分、谷津干潟です。野鳥がたくさんいるかと思いきや、今の時期それほどでもないのでしょうか、数羽の確認のみです。

幹線道路に沿って船橋方面へ。♬右に見える競馬場~船橋競馬場、もう通り過ぎてしまいましたが、ずっと左にはビール工場もありますね。そしてららぽーとを通り過ぎ、海老川の河口を渡り、船橋漁港です。漁船だけでなくかなりの数のヨットも係留されています。その後は行き交うトラックの騒音を耳にしながら歩きますが、たまらず脇道にそれて工場の立ち並ぶところをくねくねと。ところがこれが失敗の元、運河やら川やらに出くわすと向こう側に渡れない。結局、橋の架かる幹線道路に逆戻りです。その後も同じような事を何度か繰り返してしまいます。三番瀬への道、今日はそのままスルーして先に進み高谷ジャンクションです。ここも抜けるのにひと苦労、道が行き止まりになったり、いつの間にか工場の敷地になったり。大きく迂回して再び幹線道路へ戻ります。市川大橋で江戸川を渡り、真っすぐに伸びた道をひたすら歩き続けます。市川野鳥の楽園の緑地、長く延々と続くフェンス脇を進みます。あと1時間ほど歩けば舞浜リゾート、夢の国です。

ちょっと迷いましたが、ゆっくりと野鳥の楽園を散策することにしました。それまでの舗装路から静かな遊歩道です。探鳥のグループでしょうか、大きな望遠レンズで狙った鳥をじっと待つ人も。元気に水面を動き回る姿や、一日の行動を終えお休みモード、寝床?でくつろぐ姿など。そろそろ私も終わりにしましょう。

気がつけば、菜の花の季節ですね。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る