• 2021.3.19
  • 京成線沿線さんぽ(千葉)の巻 はコメントを受け付けていません

京成線沿線さんぽ(千葉)の巻

観測史上最も早い桜の開花が報道された日の翌朝。例年なら花粉回避に雪山へ行っているのに…。恨めしく思いつつ重い腰を上げて外へ出ると、桜咲いてるー! あったかーい!! 憂鬱は一気に吹き飛んで、京成幕張駅まで、まずは40分のお散歩です。

駅前の一角に江戸期のサツマイモ試作地跡が。関東ではここだけが試験栽培に成功して、天明の大飢饉を逃れたんだとか。地元なのに知らなかったなぁ。

検見川神社。朝は砂利が梳いたように掃き清められていて気持ちいい。

照りつける陽射しから逃れるように神社から神社へ。稲毛の浅間神社は木陰が涼しい!

枝垂れ桜が咲き始めていました。

寒緋桜はちょうど満開です。

ソメイヨシノも一輪。

稲毛は昭和30年代まで、白砂青松の保養地だったのだとか。神谷バーの創業者・神谷伝兵衛の別荘が残されていました。休館日で残念!

千葉大に隣接する広い公園に、なぜか電車の車輪。元は戦後復興の国策で設けられた汽車の車両基地だったんだそうです。電車じゃなく汽車。乗ってみたかった~。

お気に入りの喫茶店に寄って、お昼の休憩。街歩きの楽しみのひとつ。

千葉都市モノレールをくぐり・・・

今日の目的地、千葉教会堂へ。1895年に建設されたゴシック様式で、関東大震災と空襲を奇跡的に免れて現存する有形文化財。門扉が閉ざされていて外から眺めていたら、関係者の方が中を見せて下さいました。

県庁の敷地を抜けて、きぼーるへ。千葉市科学館のショップだけ覗こうと思ったけど・・・

残念。ピンポイントの休館。

帰りも京成幕張駅から40分のお散歩。近くの小学校は桜が満開でした。17時近いけれど、初夏のような暖かさにチビッコたちは皆半袖です。

県内の歩きたい沿線さんぽがちょうど一段落したところで緊急事態宣言解除の報道! ようやくピッケル・アイゼンの出番かな!?

A

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る